強力な資源基盤

石油化学、農業、自動車、その他のクラスタに向け

タタールスタンは資源が豊富です。共和国の地理的状況のため、強力な資源基盤と幅広いインフラ・ネットワークを持っています。このような高濃度の資源のため、タタールスタンは最大の交通の要所であり、高い経済活動を行っています。

天然資源は、すべての産業の原料の強力な源です。

石油はタタールスタンに不可欠な天然資源です。

ロマシキンスコエ石油田はロシアで二番目に大きく、世界でも最大油田の一つです。

  • 10 億トンの 認証された石油埋蔵
  • 12.5 億トンの アスファルト
  • 200 の石油田

ガスは石油の1トン当たり約40立方メート

鉱物資源

  • 66 百万トンの 石灰岩とドロマイト
  • 108 箇所の 石炭
  • 35.3 万立方メートルの 建設用石
  • 7200 万トンの 石膏
  • 1.69 億立方メートルの 粘土

タタールスタン共和国には亜炭、石炭、オイルシェール、ゼオライト、銅、ボーキサイトなどの材料が豊富です。

水資源

  • 2340 億立方メートル/年の 総合水資源
  • >8 ぐらいの小池や湖
  • 4 つの貯水池

タタールスタンの水資源は、経済と輸送などのすべての部門の活動を支援する不可欠なエネルギー源です。

主な河川はヴォルガ川(共和国の領土を177キロメートルにわたって流れる)とカーマ川(380キロメートル)ですが、その他、カーマ川の2本の支流であるビヤトカ川(60キロメートル)とベラヤ川(50キロメートル)は2340億立方メートル/年の水量(共和国の川の97.5%)です。それらに加えて、タタールスタン共和国の領土を流れる約500の長さが10キロメートル以上の小さな川や多数のストリームがあります。

タタールスタンの主要な水域は4つの貯水池です。

  • クイビシェフフコエ貯水池。世界で二番目に大きい貯水池で(川貯水池で)、ヴォルガ川で最大の貯水池。ヴォルガ川の中流の季節流量調節を提供します。
  • ニジネカムスコエ貯水池。水力再配分を行う。
  • ザインスコエ貯水池。水力発電所技術専用貯水池。
  • カラバシスコエ貯水池。油田鉱業企業や工業企業の給水に使用されます。

カーマ川にはニジネカムスカヤ水力発電所があり、一年に約18億キロワット/時を生成します。

タタールスタン共和国は地下水量が豊かです。中に鉱化度高い水や汽水や淡水があります。ミネラルウォーターは、治癒特性を有し、多くの医療機関に使われています。

土地資源

タタールスタンは、草原や森林草原ゾーン、落葉や混合林の地域に位置しています。草原ゾーンでは積極的に農業や畜産業を開発しています。森林は1億2364万ヘクタールを占めています。(共和国の領土の17.5%)

投資家には、土地の購入やリースのための有利な条件を提供しています。

天然資源

交通機関

タタールスタン共和国は、ヨーロッパとアジアを結ぶ重要な貿易ルートの交差点に、ロシアの中心部に位置しています。共和国が戦略的国家の重要な鍵航空会社、鉄道、道路や河川のルートの交差点に位置しています。共和国の領土には「東・西」と「北・南」国際輸送回廊があります。

今日はタタールスタンを選択したら、明日は物流インフラを活用できるようになります。タタールスタンで国際輸送回廊である新しい「シルクロード」とされる「中国西部・西ヨーロッパ」が設定され、「モスクワ・カザン」高速道路もこれに含まれます。2018年に完成する予定です。

それに、スビヤジスキイ地域マルチモダル物流ハブの建設プロジェクトが実施中です。そのハーブはポヴォルジエ地方の最大な物流の再配布と処理センターとなります。カザン市の位置はポヴォルジエ地方のほぼ中心なのでここに位置する物流ハブはそれぞれの地方の町まで直接アクセスを提供できますから、ヴォルガ地域における貨物の輸送と物流システム輸送の中心になるでしょう。

タタールスタン共和国の首都であるカザン市は主要な鉄道の接合部で、ロシアのヨーロッパ部とアジア部を接続する高速道路を交差しています。

「カザン」空港と「ベワザシェボ」空港という2つの国際空港と国内線専用空港もあり、ロシアの19都市、CISの6カ国やその他の6カ国、またはモスクワ行き毎日15便を含む40の目的地への旅客および貨物サービスを提供しています。

6の連邦自動車道路はタタールスタンを通っている:
M-7 «ヴォルガ» モスクワ―ウラジーミル・ニジニ・ノヴゴロド―カザン―ウファ
M-5 «ウラル»— 連邦自動車道路 モスクワ―リャザン―ペンザ―サマラ―ウファーチェリャビンスク
Р175 «カザン―ヨシュカル・オラ»
Р239 «カザン―オレンブルグ»
Р241 «カザン― ブインスク―ウリヤノフスク»
Р242 (ペルミ―エカテリンブルグ) ヨーロッパ自動車道路 E22(イギリス ホリーヘッドーロシア イシム)の一部である。
イギリス、オランダ、ドイツ、スウェーデン、ラトビア及びロシアの領土を通っている。

川を使って、ロシアの主要な北部と南部の海へ出ることができます。河川港は3つで、乗客用川港が4つで、川駅が6つあります

市内交通ネットワークは、広く都市をカバーし、様々な種類、例えばバス、路面電車、トロリーバスなどが利用できます。カザン市に地下鉄もあり、地下鉄を使って、都市の反対側の部分に到着できるし、新しい駅の建設がどんどん進んでいます。共和国の都市間の定期的な交通サービスや近隣地域や空港のアクセスを提供します。また、ほとんどどこでもタクシーで移動できます。タクシーの種類はプレミアムからエコノミークラスもあり、貨物タクシーも予約できます。

ご連絡ください

投資対象となるプロジェクトの選択の際、お手伝いいたします。

Malik Safiullin
Malik Safiullin

Manager
Malik.Safiullin@tatar.ru

連絡先を教えてくだされば、こちらからご連絡させていただきます。

代理店にお問い合わせする。
©2003年—2015年。タタールスタン共和国の政府。当ホームページに展示してある資料を参考文献としてお使いになる場合、またはコピーする場合、必ずリンクを付けてください。 Golden site
次のセクション Развитая инфраструктура

Thank you!

Your contact information has been sent to the designated manager. We will get in touch with you within 24 hours