地理

タタールスタン共和国はロシアの西部の中心地、東ヨーロッパ平原のヴォルガ川とカマ川の合流するところに位置しています。
タタールスタン共和国の首都であるカザン市はモスクワより東に797キロ離れたところに位置しています。

  • 6万 8000 平方メートルの総面積
  • 797 キロメートルの モスクワからカザン市までの距離
  • 120 人のカザン市人口
  • 1000 キロメートルの 半径内にロシア人口の50%集中

タタールスタン共和国は、マリエル共和国、ウドムルト共和国、バシコルトスタン共和国、チュヴァシ共和国、キーロフ州、オレンブルク州、ウリヤノフスク州、サマラ州というロシア連邦の8つの地域と接しています。

タタールスタン共和国の領土は、森林および森林草原で、低い丘もある特徴があります。領土の約20%は落葉樹と針葉樹から成る森林で覆われています。それにタタールスタン共和国は水資源に富んでいます。ここでは4つの大規模な貯水池、500の小河川と8000以上の湖や池があります。

気候

タタールスタン共和国の気候は夏が暖かく、冬がほど寒いという特徴のある大陸気候です。最も気温が高い時期は7月で、最も寒いは1月です。

タタールスタン共和国には厳しい寒さや暑さはないが、四季がはっきりしています。

  • 272 日の年間晴れ日数
  • 554 ミリの 年間平均降水量
  • -9,3 °C とは1月の昼間の平均気温
  • +24,8 °C とは7月の昼間の平均気温

過去10年にわたって温暖化や湿度高化という気候変動が観測されています。タタールスタン共和国の冬は、バルト海地域の冬と似てきて、夏は地中海の夏に似てきています。

気候とビジネスの関連

タタールスタンの気候は建設工事に影響します。基本的には外装工事が7月から9月まで春と夏の7ヶ月の間に行われ、10月から2月末までの5ヶ月の間は、内部作業を行ないます。

タタールスタンで出荷シーズンは5月から9月まで5ヶ月持続します。バルト海、ホワイト海、カスピ海、アゾフ海と黒海を結ぶヨーロッパで最大な川であるヴォルガ川はタタールスタン共和国を通過しています。モスクワ、サンクト・ペテルブルク、ウファ、アストラハン、その他の都市からカザンへ水路でアクセスできます。

我々はタタールスタンの有利な地理的位置や気候を効果的に使用しています。

©2003年—2015年。タタールスタン共和国の政府。当ホームページに展示してある資料を参考文献としてお使いになる場合、またはコピーする場合、必ずリンクを付けてください。 Golden site
次のセクション Развитая инфраструктура