人口

タタールスタン共和国の人口は380万人で、1000キロメートルの半径内にロシア人口の50%が住んでいます。

実施している 「ストラテージ2030」 の基礎として人、人材を考えています。人材は主な資本です。タタールスタン共和国は才能豊かな人材が多いです。

主な民族はタタール人とロシア人です。タタール語とロシア語は公用語です。

  • 380 人の人口
  • 115 の民族
  • 2400 人の労働人口
  • 76 % の都市住民
  • 3 ルーブルは平均月給料

タタールスタン共和国には宗教団体が1000以上登録されています。中で最大信者数を持っている宗教はイスラム教とロシア正教です。それにユダヤ教、仏教、クリシュナ宗派の信者もいます。

高い生活水準

タタールスタン共和国は、生活の質のランキングで上位にランクインしています。タタールスタン共和国は下記の主な10の指標で高い結果を実証しています。

  • 住民所得水準
  • 住宅事情
  • 社会基盤インフラ
  • 環境と気候の条件
  • 安全治安
  • 人口の状況
  • 住民の健康と教育のレベル
  • 領土開発度と輸送インフラの開発度
  • 経済発展のレベル
  • 中小企業の発展のレベル

*2014年ロシア通信調査ランキング

教育と技能

学校や幼稚園

  • 3 つの国際学校,
  • 1427の学校、生徒人数は37 万8800人ぐらい
  • 2012の幼稚園
  • アラブガ市国際学校
    アラブガ市国際学校
  • カザン市国際学校
    カザン市国際学校

専門教育

  • カザン市ポヴォルジスキイ連邦立大学(ロシア国内大学トップ50トップイン)
  • 63の高等教育機関、18万人の学生
  • イノポリス」特別経済区配置イノベーション情報技術大学、500人の学生
  • 102の中等専門教育機関、6万7500人の学生

タタールスタンの開発の優先分野のために企業の利益を考えながら雇用者の参加を得て人材育成の目的で設立した5つのリソースセンター

  • ナーベレジヌイェ・チェルヌイ市にて 自動車産業専用リソースセンター(カマズ)
  • カザン市にて 航空と機械工学などの防衛産業団地用リソースセンター(ゴルブノフ氏カザン航空機生産協会及びカザンヘリコプター工場用人材養育機関である航空専門学校)
  • ニジネカムスク市にて 石油化学用リソースセンター(石油化学・石油精製技術専門学校)
  • エラブガ市にて 多様トレーニングセンター(特別経済区「アラブガ」専用)
  • サルマノヴォ村にて 農業用リソースセンター(農業大学)

国際技能競技大会World Skills

2019年の第45回国際技能競技大会はカザン市で行う予定です。カザン市はフランスの首都パリとベルギーのシャルルロワと戦って選手権を開催する権利を得ました。

国際技能競技大会は2年に一度さまざまな国で開催される、参加国の職業訓練の振興と参加者の国際親善・交流を目的としている技能労働者の技能を競う大会で全に業界のあらゆる分野を反映して、プロのスキル完璧の訓練と改善の分野で重要なイベントです。

カザン市で2014年と2015年には、第2回及び第3回ロシア国内技能競技大会WorldSkills Russiaが行われました。

革新的な教育

「イノポリス」特別経済区配置イノベーション情報技術大学はロシアで働いて快適な生活できるためのユニークな条件で作られた、IT専門家や企業のための発達したビジネス・インフラ整備のある、社会サービスや所得の高い新しい町に位置しています。

ロシアの革新的な開発の基礎を形成することになる大胆な革新的なアイデアの創出と実装のための高い技術の分野の最高レベルの専門家を受け入れるための環境が作成されています。 「イノポリス」特別経済区配置イノベーション情報技術大学のキャンパスには研究所、住宅地、スポーツセンターなどからなっています。「イノポリス」地域の予定住民数は15、5万人で、学生の人数は5000人にも上るでしょう。

タタールスタン共和国の科学アカデミー

タタールスタン共和国の科学アカデミーは7つの研究所(G.イブラギモフ・言語、文学と美術研究所、タタール百科事典研究所、S.マルジャニ・歴史研究所、考古学研究所、応用記号論研究所、エコロジー研究所、情報学研究所)と2つの科学センター(家族・人口統計センター、イスラム研究センター)から構成されています。

健康管理

タタールスタン共和国は住民の健康管理に関する主要なの課題を決定しています。

  • 医療可用性の確保
  • 高い医療技術の開発
  • 予防と医療の質の向上

現在タタールスタン共和国での平均寿命は72歳でロシア全国平均寿命より3年高いです。

住民の健康管理及び医療診断作業はタタールスタン共和国の医療機関によって行われています。

  • 19
    % の最後5年間の出生率増加
  • 151 の 医療機関
  • 75 の病院
  • 42 の診療所
  • 1万 2000 人の医師

タタールスタン共和国はアクセス可能な環境の形成を行う「バリアフリー環境作成」というロシア連邦政府プログラムに参加しています。

現在タタールスタン共和国では、障害者及びその他の低移動性グループのために優先機関には容易なアクセスができるように社会的環境、輸送設備、エンジニアリングインフラが完成されています。

タタールスタン共和国では- タタルスタンでは、高度な医療技術と独自の治療法を使用して専門医療を行うハイテク医療(以下FMPと呼ぶ)のが提供されています。

タタールスタン共和国でFMPを提供している医療機関の数は14で、医療分野は27です。その医療施設の一つの例として「優秀」というヨーロッパの5つ星の品質証明書を持つ2014年度サービス高質ヨーロッパ・コンテストの優勝者でもある共和国率幼児病院を挙げることができます。

外国の会社はタタールスタン共和国での医療機関・医療技術の発展に投資しています。

<ロシア連邦医療保健省とJohnson&Johnson社によってカザン医療技術教育センターが創立され、ロシアの医療機関のための専門家の教育、再訓練や研修が実施される革新的なトレーニングセンターとして活動しています。当センターでは、タタールスタン共和国中央病院の領土内に位置しており、最新の医療技術機械が装備されています。

カザンでは、「ロナルド・マクドナルド・ハウス」というタタルスタン共和国の子供向け中央病院で長期治療を受ける子供の親のためのロシアの最初の設計慈善ホテルが開いています。このホテルは、病院の敷地内に位置しており、それに住んでいることは完全に無料です。

©2003年—2015年。タタールスタン共和国の政府。当ホームページに展示してある資料を参考文献としてお使いになる場合、またはコピーする場合、必ずリンクを付けてください。 Golden site
次のセクション Развитая инфраструктура