28.08.2018

タタルスタン共和国大統領を団長とするタタルスタン共和国代表団の訪日 2017年10月2日、東京

タタルスタン共和国大統領を団長とするタタルスタン共和国代表団の訪日 2017年10月2日、東京

タタルスタン共和国は日ロ関係における同共和国と日本との協力の発展を重視している。今日東京で開催されたタタルスタン・日本ビジネスフォーラムにおいて、ルスタム・ミンニハノフ・タタルスタン共和国大統領はこのように言明した。

ビジネスフォーラムはルスタム・ミンニハノフの訪日(2017年10月1~2日)を機に、「ニューオータニ」ホテルの会議室で開催された。

ルスタム・ミンニハノフ・タタルスタン共和国大統領は、タタルスタン共和国との関係発展に関心のある日本側の事業の代表者を歓迎し、ビジネスフォーラムの開催を支援するロシアNIS貿易会(ROTOBO)に感謝の意を表した。

ルスタム・ミンニハノフ大統領は日本との高いレベルでの協力を強調し、2016年に東京で開催されたビジネスミッション「日ロ貿易・産業対話」への参加、2016年8月の長谷川榮一内閣総理大臣補佐官率いる日本企業代表団のタタルスタン共和国訪問、2016年9月にタタルスタンの首都カザン市で開催されたロシア経済近代化に関する日露経済諮問会議について喚起した。

タタルスタン共和国大統領はフォーラムの枠内で、前日に開催された「社会における科学と技術」について報告した。 ルスタム・ミンニハノフタタルスタン共和国大統領は、世耕弘成経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣と会談した。


世耕弘成大臣は歓迎の意を表し、8項目の日ロ間の協力プランが促進され、タタルスタン共和国において化学や医療分野等のプロジェクトが具体化していると述べた。

また、同大統領はタタルスタンが日本のパートナーと良好な関係の実績があることについて述べた。特に、多くの日本企業の技術と資本は、同共和国における石油化学工業の建設、保健管理と農業の発展、情報化などの分野で活用されたことを強調した。タタールスタン共和国の企業は、三菱重工業、双日、横河電機、物理化学研究所理研(RIKEN)などの日本の主要企業と交流を深めている。

また、矢島浩一ロシアNIS貿易会副会長がフォーラム参加者に歓迎の意を表した。同氏は、ロシアNIS貿易の代表団が2011年、タタルスタン大統領との会談が行われたカザン訪問について述べた。

セルゲイ・エゴロフ駐日ロシア連邦通商代表部首席代表は、日本の事業者にタタルスタン共和国との協力の成功を期待し、2016年12月に開催されたプーチン大統領と安倍晋三首相の首脳会談により、日ロ関係が活発になっていると述べた。

タタルスタン共和国投資発展庁のタリア・ミヌルリナはタタルスタン共和国の投資ポテンシャルについて説明し、フォーラム参加者の成功を祈り、日本の事業者に協力を呼びかけた。

ロマン・シャイフトディノフ副首相兼タタスタン共和国情報通信大臣は、タタルスタン共和国イノポリス市、(株)特別経済区「イノポリス」の情報と技術のポテンシャルについて発表した。

タタルスタン共和国国家観光委員会のセルゲイ・イワノフ議長は、タタルスタンの観光ポテンシャルについて発表した。

 

フォーラムの終わりに、タタルスタン共和国と横河電機の間で協力関係に関わる文書署名式が行われた。ルスタム・ミンニハノタタルスタン共和国大統領と横河電機株式会社の西島剛志代表取締役社長が文書に署名した。

さらに、タタルスタン大統領は国際協力銀行(JBIC)の首脳陣と会談し、徳州会グループとの協力関係について協議した。

また、ルスタム・ミンニハノフ大統領出席の下、Miyako Capital Ltdとタタルスタン共和国投資・ベンチャー基金が協力関係に関わる合意書に署名した。

 

©2003年—2015年。タタールスタン共和国の政府。当ホームページに展示してある資料を参考文献としてお使いになる場合、またはコピーする場合、必ずリンクを付けてください。 Golden site