投資プロジェクト

これからすぐにスタートした皆様のために完成した投資案件

投資家がプロジェクトに参加するようにご招待します。

Filter
  • 「Vostochnyi」廃棄物処理場第1期始動コンプレックスの建設

    「Vostochnyi」廃棄物処理場第1期始動コンプレックスの建設

    分野: エコロジ
    状態: 実施中

    雇用数: 25
    プロジェクト予算総額: 2億7020万310ルーブル
    必要共同融資額: 8101万4750ルーブル(うち投資割増額-7882万9220ルーブル、他の活動による収益-218万5530ルーブル)
    所在地: カザン市、Mamadyshsky trakt
    面積: 13.3ヘクタール
    推計生産量: 5404万60ルーブル/年
    回収期間: 5年
    企業組織: 有限責任会社「ПЖКХ(ペー・ジェー・ケー・ハー)」
  • 幹線パイプライン溶接部非破壊検査向けx線ロールパックフィルム製造施設の創設。

    幹線パイプライン溶接部非破壊検査向けx線ロールパックフィルム製造施設の創設。

    分野: 産業
    状態: 実施中

    プロジェクトの目的は、石油・ガスパイプラインを建設する際に使用されるX線ロールパックフィルムの輸入代替である。 現在、ロシア国内では同種のX線フィルム製造施設が存在しない。 幹線パイプライン溶接部非破壊検査には、AGFA (ベルギー)、KODAK (米国)、FOMA (チェコ)、FUJIFILM (日本)のX線ロールパックフィルムが使用されている。 Agfa Structurix DW Rp 70 mm x 90 m、Agfa Structurix DW Rp 100 mm x 90 m、Agfa Structurix Pb Rollpac 70 mm x 90 m、Agfa Structurix Pb Rollpac 100 mm x 90 m、NIF Bulk Roll、Ready Pack、Lead Pack Envelopak+Pb Rjll IX100、Rjllfilm R5など。 フィルムは90mmまたは100mm幅の材であり、鉛箔スクリーンあり/なしのロールパック(長さ50~90m)に巻かれている。 測定感度特性によってフィルムはC2~C5クラスに分類される。 当該フィルムの年間輸入量は19万㎡となっている。 この製品の主な消費者は幹線パイプラインを建設運営する企業、 公開株式会社『ロスネフチ』、公開株式会社『ルクオイル』、有限責任会社『ストロイガスコンサルティング』、公開株式会社『タトネフチ』などである。 予想生産能力は1億9000万ルーブル/年で、国内消費市場シェアは39%である。
    およその必要融資額:
    2016年計1億1500万ルーブル、内訳は
    自己資金-2300万ルーブル、
    借入資金-2300万ルーブル、
    国家補助金-6900万ルーブル、
    2017年計6000万ルーブル、内訳は
    自己資金-1200万ルーブル、
    借入資金-1200万ルーブル、
    国家補助金-3600万ルーブル、
    計画能力:
    2017年-5000万ルーブル、583,300m
    2018年-1億ルーブル、1166,600m
    2019年-2億5000万ルーブル、2916,600m
    企業組織: 有限責任会社「科学産業企業『Tasma』」
  • 有機染料のナノサイズ結晶を基にした、フレキシブルポリマーベースの電気光学変調器

    有機染料のナノサイズ結晶を基にした、フレキシブルポリマーベースの電気光学変調器

    分野: 産業
    状態: 実施中

    有機電気光学変調器は、急速に発展しているナノ工業分野である。 従来の光波を得るための電気光学変調器では、結晶型ケイ素を基調とした、CCD固体撮像素子の付いた固体半導体を用いており、変調器の性能指数が上がらず、S/N比も低く、並大抵の費用では変調器の固体撮像素子の性能指数を増大することができない。 有機・シリコン融合フォトニクスは、より高い性能指数を確保し、電気光学変調器マトリックスの活性表面を著しく拡大させることを可能にする。 ロシアにおいては、この分野の研究が一連の研究所や大学で行われているが、それらは科学研究開発段階に限られている。 ロシアにおける有機・シリコン融合フォトニクスの現在の発展段階の主要課題は、研究・試験設計開発への切り替えおよび、実際使用条件に近い環境で有機光学電気変調器の研究試験を実行することを目的とした、有機光学電気変調器サンプルの試験製造設備の創設である。
    年間必要融資額:
    2016年-3億ルーブル
    2017年-4億ルーブル
    2018年-2億ルーブル
    2019年-1億ルーブル

    必要エネルギー資源: 電気、熱、水、ガス 必要とされる技術条件に適する施設またはスペースがある。
    結果予測、生産品目、製品・金額ベース生産能力:
    2020年-3億ルーブル
    2021年-6億ルーブル
    2022年-12億ルーブル
    2023年-18億ルーブル
    2024年-20億ルーブル
    2025年-25億ルーブル
    企業組織: 有限責任会社「科学産業企業『Tasma』」
  • 巻タイプ高圧ホース製造の組織

    巻タイプ高圧ホース製造の組織

    分野: 産業
    状態: 計画中

    直径38~180mm、長さ60m。
    プロジェクト実施により、ロシアおよびNIS諸国の石油・ガス産業企業が使用できる製品の生産が可能になる。
    雇用数: 25
    プロジェクト予算総額: 1億5800万ルーブル
    必要共同融資額: 1億4220万ルーブル

    所在地: 株式会社「KVART」第206製造施設
    必要エネルギー資源: 電気配線、水、スチーム配管あり
    推計生産量: 1億2000万ルーブル/年
    回収期間: 5年
    プロジェクト収益率: 3200万ルーブル/年または27%相当
    企業組織: 株式会社「カムスコ・ヴォルジスコェゴム技術株式会社『KVART』」
  • 吸入圧力ホース製造の組織

    吸入圧力ホース製造の組織

    分野: 産業
    状態: 計画中

    プロジェクトの目的は、現行製造施設の近代化による生産能力の向上、生産品目増大、品質向上である。
    雇用数: 24
    プロジェクト予算総額: 8200万ルーブル
    必要共同融資額: 7800万ルーブル
    所在地: 株式会社『KVART』製造施設
    必要エネルギー資源: 電気配線、水、スチーム配管あり
    推計生産量: 2億ルーブル/年
    回収期間: 4年

    企業組織: 株式会社「カムスコ・ヴォルジスコェゴム技術株式会社『KVART』」

ご連絡ください

投資対象となるプロジェクトの選択の際、お手伝いいたします。

Igor Sapunov
Igor Sapunov

Deputy head
Igor.Sapunov@tatar.ru

連絡先を教えてくだされば、こちらからご連絡させていただきます。

代理店にお問い合わせする。
©2003年—2015年。タタールスタン共和国の政府。当ホームページに展示してある資料を参考文献としてお使いになる場合、またはコピーする場合、必ずリンクを付けてください。 Golden site
次のセクション Развитая инфраструктура

Thank you!

Your contact information has been sent to the designated manager. We will get in touch with you within 24 hours